撃退!巻き爪!

撃退!巻き爪!

自分で巻き爪を矯正する方法

巻き爪を治すには、まず巻き爪を知ることが大事です。
巻き爪になった人ならわかると思いますが、ひどくなると歩くことも困難なほど、激痛を伴います。
個人差はありますが、足の爪は1ヶ月で1.5ミリほど成長します。
手に比べると足の爪の方が成長が遅いため、深爪してしまうと復活するまでかなりの時間を要してしまいます。
深爪をすると、歩くときに爪よりも指の方が出っ張ってしまし、皮膚に爪が食い込んでしまいます。
巻き爪を自分で矯正するには、爪の両端にコットンやティッシュを詰めて、一時的に痛みを軽減させる方法や、テープを爪の脇の皮膚を引っ張るように張るテーピングなどがあります。
ただ、毎日コットンパッキングやテーピングをするのが面倒で長続きしないという人は、ゲルサポーターがおすすめです。
ゲルサポーターは、はめるだけで爪の食い込みを緩和し、痛みを軽減させることができます。
ただ、軽い症状ならセルフケアで治ることもありますが、あおらない場合には、一度病院を受診してみることをおすすめします。  

巻き爪などの悩みを改善する、靴選び

巻き爪は、毎日履く靴が原因になっていることがあります。
自分にあっていないサイズの靴を履いていたり、ハイヒールやパンプスなどは、足に負担をかけてしまいます 特に、つま先に圧がかかるような靴の場合、巻き爪には悪影響となってしまいます。
巻き爪になりにくい靴選びに重要なことは、正確に足のサイズを測ることが大事です。
多くの人は、大体の感覚で、靴のサイズを選んでいて、自分の足をしっかりと測定したことがある人は、それほど多くはありません。
正確な足のサイズは、靴選びには必要不可欠です。
日本人は、自分の本当の足のサイズよりも、大きめのサイズの靴を履いていることが多いですが、サイズが合っていないとさまざまな足のトラブルの原因となってしまいますから、縦の長さだけではなく、横幅、高さもしっかりと測ることが大事です。
また、女性の場合ハイヒールを履く人も多いと思いますが、ヒールが高い靴は、つま先に多大な負担をかけてしまいますから、ヒールは3センチ以内のものを選び、靴の中で足が動かないように、靴ひもやストラップがついた靴を選ぶとよいでしょう。  

おすすめWEBサイト 9選


イノシシ忌避剤

2020/3/26 更新